BEFORE

AFTER

 

 

こんにちは!

 

 

 

今回皆様にご紹介するのは、

前回に引き続き

「川越市K様邸外装修繕工事」

です。

 

 

 

前回「塔屋屋根カバー工事」と「タイル張替え工事」をご覧いただきました。

 

ご興味のある方は

「川越市K様邸外装修繕工事~塔屋屋根カバー工事・タイル張替え工事編~」

をご覧ください。

 

 

 

 

第2弾となります今回は、

「川越市K様邸外装修繕工事~塗装編その1~」

をご紹介させていただきます。

 

 

 

 

それでは早速見ていきましょう!!

 

 

 

 

 

まずはじめは

「軒天塗装」

です。

                              ・・・施工前・・・

 

こちらは施工前の様子です。

 

 

塗装工事は

「1回塗って終わり」というわけではありません。

 

 

以前、別の工事の際にもお話しさせていただきましたが、

簡単に説明すると

下塗り⇒上塗り1回目(中塗り)⇒上塗り2回目

と、3度塗りが基本となります。

 

 

 

 

「下塗り」

上塗り剤の接着・定着を助けるほかに、

塗膜に十分な耐久性をもたせる役割があります。

 

 

 

次に

「上塗り1回目(中塗り)」

塗料のシワや塗料が垂れることを防ぎ、

塗装面をムラなく仕上げる役割があります。

 

 

 

最後に

「上塗り2回目」

塗装面に十分な厚みが加わり、

見た目の美しさとともに雨風や汚れから外壁を守る役割があります。

 

 

 

このような理由から、

塗装工事は

3度塗りが基本

となっています。

 

 

 

                            ・・・養生作業・・・

 

こちらは塗装する前に必ず行う

「養生作業」

の様子です。

 

 

養生作業がしっかり行われる事によって、

塗料の飛散事故を防ぐことが出来るだけでなく、

塗装作業の効率を高め、高品質な仕上がりになります!!

 

 

 

                            ・・・軒天塗装・・・

 

そしてこちらが軒天塗装の様子です。

 

 

先程お話ししたように、

下塗り ⇒ 上塗り1回目 ⇒ 上塗り2回目

の順に、作業を行っていきます。

 

 

 

 

ところで

「軒天」

はどんな役割があるかご存じですか?

 

 

軒天は

建物の美観を整える

家事の延焼を防ぐ

屋根裏の換気

と3つの役割があります。

 

 

 

軒天は屋根の最下部に位置しているため、

屋根の雨漏りの症状が出やすい箇所

になります。

 

軒天部分が湿っていたり雨染みが広がっている場合、

屋根の雨漏りが発生している可能性が高いため、

早めに対応することをお勧めします。

 

 

 

皆さんのお宅は大丈夫でしょうか?

 

一度、お時間のある時にでも見て回るといいかもしれませんね。

 

 

 

                            ・・・軒天塗装 完了・・・

 

そうこうしているうちに

軒天塗装が完了しました!!

 

 

 

さあ、この調子でどんどん見ていきましょう!!

 

 

 

 

続いて

「ALC面塗装」

です。

                            ・・・施工前・・・

 

こちらは施工前の様子です。

 

 

塗装を行う前に

下地補修である

「クラック補修」と「シーリング補修」

を行っています。

 

クラックとはひび割れのことをいいます。

 

 

 

塗装前にこの下地補修をしっかり行うことで、

ひび割れ塗膜の剥がれを防ぎ、

雨水の浸入を防ぐことになるため、

とても重要な作業となります。

 

 

 

                            ・・・ALC面塗装・・・

 

こちらがALC面塗装の様子です。

 

 

ところで

「ALC」

とは、何のことだかご存じですか?

 

 

先程から写真を見ていただいているので、

外壁の事だろうとお気づきの方は大正解!!

 

 

 

 

「ALC」とは・・・

 

外壁材のことで、

「軽量気泡コンクリート」とも呼ばれる、

戸建て住宅だけでなくマンションや工場などの外壁や床に用いられる建材の事をいいます。

 

 

 

ALCは内部に気泡の穴が空いているため、水に浸すと浮くほど軽量な素材です。

 

一般的には通常のコンクリートの約1/4の重量となっています。

 

 

また、この気泡に含まれた空気が層をつくり、

熱の伝わりを抑制するため、

夏の暑さや冬の寒さから

室内を一定の温度に保ってくれる断熱効果

が期待できます。

 

 

 

                           ・・・ALC面塗装 完了・・・

 

無事にALC面塗装が完了しました。

 

 

下地補修もしっかりされているので、

きれいな仕上がりになりましたね!!

 

 

 

続いては

「樋塗装」

です。

                             ・・・樋塗装・・・

 

ケレン作業を行った後、

塗装作業に取り掛っています。

 

 

 

                           ・・・樋塗装 完了・・・

 

こちらも見違えるほどきれいになりましたね!!

 

 

 

続いて

「出窓天端塗装」

です。

                          ・・・出窓天端塗装・・・

 

「出窓天端」とは・・・

 

出窓の屋根部分のことをいいます。

 

 

雨風にさらされ、紫外線の影響を受ける場所だからこそ、

しっかりとメンテナンスを行っておく必要があります。

 

 

 

万が一劣化が進み穴が開いてしまうと、

そこから雨水が浸入し「雨漏り」の発生につながってしまうからです。

 

 

 

ですからそうなる前に、

しっかりとした「塗装」によるメンテナンスが必要となります。

 

 

 

 

出窓天端では、

ケレン作業を行ってから塗装作業に取り掛かりました。

 

 

ケレン作業とは、

錆や汚れを落とし下地調整をすることにより、

塗料の密着性が上がることを目的に行います。

 

これにより塗料の耐用年数が長くなり、

尚且つ外壁塗装がきれいに仕上がります。

 

 

 

                         ・・・出窓天端塗装 完了・・・

 

出窓天端塗装が完了しました!!

 

 

こちらもきれいな仕上がりですね。

 

 

 

今回ご紹介する最後となりました、

「出窓下端塗装」

です。

                           ・・・出窓下端塗装・・・

 

「出窓下端」とは、

先程の出窓天端の逆で、

出窓部分の下側になります。

 

 

 

作業工程は先程と同様に行いました。

 

 

 

                        ・・・出窓下端塗装 完了・・・

 

そして出窓下端塗装が完了しました!!

 

 

 

 

この後、防水塗膜材塗装や、シャッター吹付塗装などが続きますが、

 

そちらは次回

「川越市K様邸外装修繕工事~塗装編その2~」

でご紹介させていただきます。

 

 

 

 

お楽しみに🎵

 

 

 

 

 

雨漏り補修工事、調査はお気軽にご相談下さい。
雨漏り調査修理アマモリトメル
電話 048-783-3535