台風が原因の雨漏り!台風などの大雨の時にだけ雨漏りするのはなぜか?

ご自宅の天井にシミがある場合、そのまま放置してしまうのは大変危険です。
雨漏りの可能性がありますので、何かのキッカケで悪化する可能性があります。
ご心配な場合はプロに確認してもらうことをお勧めします。

 

お部屋の天井のシミは、雨漏りが原因の可能性があります

天井にシミがあるということは何かしらの原因がありそのままにしておくと大変危険です。シミの理由は様々な原因がありますが、その中に雨漏りからくるシミであることも考えられます。もし雨漏りから起っているのならば屋根や外壁、結露による部分から発生している可能性もあります。

1階の天井の場合は2階に水回りがあったり給排水管の問題によってシミが出る場合もあります。屋根の場合は屋根材の劣化、ズレや破れによってどこかから雨が入りシミとして跡になっていることがあります。

外壁の天井部分に亀裂ができ外壁のヒビが天井に近いと建物内部に入り天井から雨漏りとしてでてくることも。結露によるシミでは屋根裏には断熱材が充填されていてその充填不良により起こる事があります。

雨漏りが原因の場合の調査方法について

天井のシミが雨漏りが原因の場合は主に二つの方法で行います。

一つ目は散水検査といって外壁や屋根に高圧洗浄機で散水をして漏水した場所を特定する方法です。費用としては一番安く、長年行っている検査方法です。このやり方だと作業員のやり方によって漏水箇所の特定が難しいこともあり得るので確実な検査の方法とは言い難いです。

二つ目は紫外線投射発光調査になります。建物の中から特殊な光を当てて漏水の場所を特定するやり方です。液体は無害で変色もしません。

確実にわかるのですぐに修繕に取り掛かれますが費用が散水検査と比べて高価なやり方になります。天井の屋根は雨漏りからと考えてしまいがちですが様々な原因で起こります。その原因を特定してから修理を行います。

雨漏り修理後は、クロスの張替えもワンストップで承ります

天井のシミが雨漏りが原因での修理後の壁紙、床やサッシは新たに変えることが必要になりますが、それぞれの業者にお部屋の内装まで変えるのは手間や費用もそれだけかかります。

雨漏り修理が終わった後にすぐにクロスの張替えなどもそのまま雨漏り業者にお願いすることで時間とコストの面でも節約になります。

まとめ

さいたま市に特化しているモスグリーンナチュラルでは修理実績2000件以上という豊富な経験をもった専門家が天井にシミがあった時でも早急にかけつけ対応いたします。

まずその原因を特定し一番適切な修理方法をご提案、お客様とご相談しながら施工内容と価格を決めて最後まで責任をもって進めさせて頂きます。

これから台風など災害が増える時期、シミなど気になったところがありましたら早めにご連絡下さい。お見積りは無料で土日祝日も営業しております。

お電話:048-783-3535(9時~18時)またはメール(24時間対応)にてお問い合わせください。

・メールでのお問い合わせ、現地調査のご依頼はこちらから
→【お問い合わせメールフォーム