雨漏りが発生した時の応急処置!絶対やってはいけない注意ポイントとは?

ご自宅で急な雨漏りが発生してしまった時、状況に応じてすぐに対処をする必要があります。

管理会社や修理業者さんへ連絡をして修理のご依頼をした上で、担当が依頼して駆けつけるまでに必要に応じて処置をしましょう。

応急処置の方法の中には、注意しなければならない方法がありますので覚えておきましょう。

ブルーシートや防水テープでの応急処置

急な雨漏りの対処方として有効なやり方としてはブルーシートや、防水テープでの応急処置です。

雨漏りの原因となっている思われる場所の周辺へシートを広げて固定し、広い範囲でブルーシートを被せます。応急処置としては一番効率的なやり方ですが、屋根の上で行う作業は大変危険を伴います。雨風があり、足場が悪いときは作業を避けて、応急処置は見送りましょう。

雨漏りがどこか確認できている場合は防水テープを貼っておくことも応急処置になります。この処置の場合はあくまで陸屋根やスレート(カラーベストやコロニアル)でできている時のみです。

汚れを取り隙間なく貼りましょう。あくまでもその箇所のみに貼ることです。

確認が難しい場合はまずブルーシートでの処置をおすすめします。

コーキング・シーリングや釘打ちは雨漏りが悪化する可能性があります

雨漏りは専門家でないとわからないことが多く、安易な考えの処置を行った事で、かえって状況が悪化することがあります。

例えば、

コーキング・シーリング(防水や気密をするための建物専用の充填材で塞ぐこと)があります。

必要性のないところに行うと、逆に雨漏りの原因になることもあります。また、剥がすことが難しいモノは使用しないことです。知識が無い場合、コーキング・シーリング材を使った応急処置はお勧めしません。

そして、釘打ちでの修理は、DIYで行うと雨漏りの原因を更に作ってしまう原因にもなります。釘打ちを伴う作業はやらない方が賢明です。

応急処置は経験豊富な専門家に任せると安心です

緊急性がない限り雨漏りでの処置は、経験豊富な雨漏り修理の専門家に任せましょう。

雨漏りは正しく修理しないと、雨漏りが長引いたり再発の可能性も否定できません。また、応急処置で屋根に上ることは事故につながる可能性があります。

屋根のタイプにもよりますが、瓦の上で作業するのはとっても危険です。瓦が滑ったり、屋根が破損して更なる雨漏りが発生するかもしれません。危険性やそれ以上の修繕を伴いますのでできるだけ避けてください。

ご自身では解決せず、先々まで考えたお家の安全の為にも、専門家にお任せください。

すぐに必要な処置はまずブルーシートで行い、速やかに専門業者にご連絡することをお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

雨漏りで緊急性がある応急処置はあくまでも一時的な処置。解決できる最善の方法はプロにお任せしましょう。

雨漏り修理はプロでも難しいので、素人の方が一時的に行った修理が原因で、後で大きな修繕が必要になると逆効果になってしまいます。大きな修繕が必要になる前に、不安なことはすぐに専門家へご相談下さい。

埼玉県に特化している「モスグリーンナチュラル(MGN)」は、地域密着型で施工実績も2000件以上ございますので、様々な状況の雨漏り100%止めてきました。

お客様の安心と安全を第一に、スピーディに調査・修理いたします。お客様とご相談の上、適切な施工、誠意を持って対応いたします。

お見積りは無料です。土日祝日も営業しております。

お電話048-783-3535(9時~18時)

メール(24時間対応)にてお気軽にお問合せ下さい

・お問い合わせはこちらから→【お問い合わせ絵メールフォーム

 

・こちらの記事もおすすめです

→【埼玉県の雨漏りをスピード修理!雨漏り修理ならMGN(モスグリーンナチュラル)